主に山のことなどを取り上げたいと思います


プロフィール

hagi

Author:hagi
やっと18歳になりました。
山を登ったりクライミングをします!
ボルダー最高グレード初段。
今年は2段登りたい。
今年も国体頑張る!!
大学では勉強にもしっかり力を入れていきます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人生多難也
20061210224126


人生多難也

みなさんのおかげで元気(?)に復活です。
ぐっちさんの言葉はやる気を出させ、kobaさんの言葉は胸に突き刺さりました。。

で今日思ったのはなんかある種の病気でしょ僕。とかなり思った。
今の大学を目指し、合格する限りはずっと付きまとい僕を悩ませる。知ってる、知ってるのになんでやろう、やっぱり自分はダメだっていうのは知ってる。でも、なんでやろう。
この不思議な感じはよく考えたら共通点がある、僕にないもの。やっぱりそれや!だから僕の中の何かが止めない。
これはこの先どんでん返しが起きない限り続いていくだろう。せめて受験が終わるまではあまり考えてはいけないことだとは思ってる。自分の家のなかにいるのがいやだ、一人もいや。こんな性格も祟っているのかもしれない。
自分が考えることには色々自信があるけれど、話す事が苦手なことによって相殺されている。
あと何かに負ける。自分のどこかに弱さ、がある。中学の頃にはこうでなかったであろうと思う弱さが高校に入って出来た。いやむしろ気付いたのかもしれない。
完璧な人間になるのは無理なことではあるが、やはりダメなところをなくしたいという心理はあるだろう。しかし、またそれが出来ないのが人間であると思う。
まだまだ考える材料が高校生の僕には少ないのだが、意外と人と仲良くなったり、かまわれたりすることが多いのが幸いして多方面から色々な言葉を吸収してきたし、小学生から中学生。また高校に入ってからのあの体験。
特に高一の冬。いろんなことをのりこえてきた僕の身にとっても大変な事態が起きてさすがにあの時は見放されたのかと思った。
それに続くくまたありえないこと。あの時はおじいちゃんに助けてもらったけど。担任にも世話になった。逆に懐かしく思える。
高校までにこれだけのことを体験してる人はたぶんいないだろう。少なくとも人よりは様々な人生体験をしていると思う。
そんなことは関係なく人は難しいものだ。
学問を極めたところでわかるわけがない。
人の心理などについては一生のテーマとなりうるのだろう。
書けても話せない皮肉なものだ。
人生はまだまだ、出来るだけ多方面からの使える知識などを取捨選択しつつ、さらに自分について人間についても考えて何かに生かせるような人になりたい。伝えられる人になりたい。
僕の興味のある分野は広がるばかりだ。
抽象論かもですが、なにかあればコメント欄へよろしくお願いします。
※あくまで専門は環境とか地理とかそういう系なので、なぐり書きみたいなものです。打てば打つほどすらすら出て来ます。
しばらく自分を実験的に追い詰めてみるか。
ではまた合う日まで
さようなら。

といっても次の更新はそのうちありますよ 笑


スポンサーサイト

長文失礼
今日は他愛も無い一日だったけれど、友達に部活について愚痴ってみた。
いつも色々ブツブツ言っているわけだけれど、今の部員達からは、練習意欲が感じられない。将にサッカー部は休むとやばいけど、山岳部やしいいやん的な状態である。練習に対しても文句をいい(たいしてきついわけでもない時でも)、走っては話し、平気で歩くやつもいる。これがまた言っても聞かない。僕は今年もインハイと国体を目標としているが、国体に関しては僕自信が頑張ればいいのだが、インハイは4人でチームを組む以上はみんなで争わない限り到底いけない。インハイに行きたいというやつはいるが、それ相応のことができていない現状だ。去年の反省から、正直この時期の努力が実を結ぶと思っている。確かに滋賀県の山岳部は少ないし、簡単にインハイに行っているとでも思っているのかもしれないが、去年は将に「奇跡」だった。しかしその奇跡を引き起こすだけの努力はしたと言い切れる。去年冬の間やる気のある先輩と毎週三上山に必ず登ったり、4月は普通の部活が終わってからも月に20回は三上山に登って鍛えた。朝練もしたし、天気図も毎晩やった。はじめたのは正直遅かったけれど、我武者羅に頑張りまくった結果がインハイだった。この期間に相当きたわったのか、6月に国体の練習に参加してみたら、なぜか1番。あと何回かの選考で国体選手にもなってしまった。近ブロで負けたけれど、その時来年も頑張ると誓った。忙しかったけれど、インハイ担当の天気図も毎日欠かさずとって備えた。結果、満点。やるだけのことはやって3位になれた。奇跡という感もあるけれどやっぱり努力が実を結んだものと思っている。 ~少し続く~

■READ MORE■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。